トリの独り言

トリが関心を持ったことをつぶやくブログです。

マスクが手に入らない時は

最近、新型肺炎の影響でマスクが手に入らなくなってます。

私が住んでるあたりでは使い捨てのマスクだけじゃなくてガーゼのマスクも品薄です。

トリ自身喘息だし、家族には糖尿病予備軍、心臓病などなど重症化しやすい人がそろってる。

なのでインフルエンザに備えてストックはいくつかありますが、このまま手に入らなかったら困ります。

そこでちょっと調べました。

役立ちそうな情報なので記事にしておきます。

 

今現在マスク無くて困ってる人、将来マスクがなくなりそうな人はガーゼのマスクもいいと思います。

 

ガーゼのマスクの注意点

・マスク越しに咳をする場合飛沫は飛びます。マスクの上からハンカチなどで押さえて咳をしましょう。

・普通に洗えばウィルスは落ちるそうです。洗濯は小まめに。

 

自分の咳の飛沫は通過するけど、ガーゼのマスクは保湿や顔をむやみに触らない様にするという効果があるそうです。

使い捨てのマスクが手に入らない場合、ガーゼのマスクでもあった方が良さそうです。

 

atelier.woman.excite.co.jp

私は上記マスクのレシピが分かり易くていいなと思いますが、「マスク レシピ」で検索するといっぱい出てきます。

手芸に詳しくなくても、ミシンやアイロンを持ってなくても素材はガーゼです。

小学校で教わるなみ縫いさえ出来れば何とかなります。

材料もわざわざ手芸店に行かなくても、100円均一でも揃います。

なんなら手持ちのハンカチとかでもできると思う。

自分で縫うからこそ、レシピ通りでなくて少し厚みを持たせるとか自由自在です。

マスクが手に入らなくて困ってる方は、こういった手もあるということを頭の片隅に入れておいてください。

 

マスクはウイルス感染予防には役立ちますが、これだけで完璧なわけではありません。

手洗いうがいを徹底して感染予防に努めましょう!